投稿者「innovation」のアーカイブ

活動報告:第4回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 8月28日(日)にワークショップシリーズ最終回となる「第4回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催し、37名のみなさまにご参加いただきました。アンケートでは参加者の100%の方に「大変満足」もしくは「満足」との回答をいただきました。ご参加いただいたみなさま、ご協力をいただいたみなさま、誠にありがとうございます。

第4回で使用したスライド資料 → 第4回釧路WS

第4回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会についてついてはこちら

活動のご報告ということで写真で1日を振り返ってみたいと思います。

今回の会場はレストラン&コミュニティ「イオマンテ」!
いつもの会議室とは違った雰囲気で開催されました。
IMG_1809

今回もたくさんの方にお越しいただきました。
DSC01540

まずは自己紹介とチーム名を決めます。
DSC01522

デザイン思考とは?
DSC01539

瀬戸建設の鈴木さんからキクイモでの取り組みについて。
DSC01545

釧路湿原MTBクラブの沢田さんからファットバイクの魅力について。
DSC01548

釧路スポーツコミッションの小笠原さんからはスポーツ振興の取り組みについて。
DSC01554

ワールドカフェで席替えしながらディスカッション
DSC01569

DSC01565

DSC01571

付箋がいっぱい!
DSC01574

「問い」の立て方って難しい!
DSC01573

チームの発表
DSC01578

DSC01582

DSC01584

DSC01588

DSC01592

ワークショップ後はイオマンテさんにて懇親会を行い、美味しいキクイモ料理をいただきました。

講師の宮村さん、釧路に4回もお越しいただいて本当にありがとうございます。
ご参加いただいたみなさま、ご協力いただいたみなさま、誠にありがとうございます。

第4回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 くしろ健康産業推進協議会では、くしろ地域において地域イノベーションを引き起こし、新しい健康ビジネスを創出するのためのワークショップシリーズを開催しています。

 第1回・第2回・第3回において慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて特別招聘教授をされている保井先生や慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科に在学している宮村さんをお招きして、創発とアイデア形成のフレームを用い、地域課題を解決する健康産業の創出についてワークショップを行いました。

第1回の詳細はこちら
第2回の詳細はこちら
第3回の詳細はこちら

 いよいよ最終回となる第4回のワークショップにおいては、これまでに得られたアイデアを俯瞰的かつ詳細に検討することで、より具体的で実現性のあるアイデアに落とし込むことを目指して、これまでと同様に今回から初めて参加される方も含めて多くの多様なみなさまにご参加をいただいて、健康産業に関する新規事業に関心がある様々な領域の事業者の方々と共に、「くしろ地域の魅力を活かして課題を解決し、異業種との恊働から生まれる健康産業」の創出実現に向かいます。

 第4回のワークショップの内容は、第3回と同様に少し前に話題になったこの本「ビジネスモデル・ジェネレーション」の内容に準じたプログラムになっています。本を読まれた方も多いと思いますが、ワークショップを通して実践しながら学べる貴重な機会となっています。

BusinessModelGeneration
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

 本取り組みは、未来の健康産業を生み出すことを目的に、「観光」、「地域づくり」、といった分野と健康産業分野の融合に取り組むものです。健康産業領域に限らず、新しい観光、新しい地域づくりの取り組み創出に関心のある方々のご参加も心から歓迎します。
多くの皆様との創造的な時間になることを楽しみにしています。

主催:くしろ健康産業推進協議会
   事務局 一般社団法人 釧路青年会議所 地域再興委員会
後援:釧路市 こども保健部 健康推進課
   釧路総合振興局 産業振興部 商工労働観光課
   一般社団法人 北海道中小企業家同友会くしろ支部
   釧路信用組合

本事業は釧路市の平成28年度輝くまちづくり交付金採択事業です。

【第4回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会】
日 時:8月28日(日)13:00〜17:00(開場12:30)
場 所:レストラン&コミュニティ「イオマンテ」
    〒085-0014 北海道釧路市末広町2-23
定 員:30名
参加費:無料
イオマンテ

タイムスケジュール
 12:30 開場
 13:00 開会のご挨拶
 13:05 参加グループの活動紹介(5分間のLT形式)  
 13:30 ワークショップ
 17:00 終了予定

 18:00頃から懇親会をイオマンテにて開催予定でおります。
 本場フレンチのキクイモ料理をみんなでいただきましょう!

【懇親会】
日 時:8月28日(日)18:00〜20:00
場 所:レストラン&コミュニティ「イオマンテ」
    〒085-0014 北海道釧路市末広町2-23
定 員:40名
コース:立食形式、飲み放題付き
参加費:社会人4,000円、学生:2,000円

申込み:下記の内容を記載の上、health@innovation-kushiro.net(くしろ健康産業推進協議会事務局)までお送り下さい。
もしくはFacebookイベントページにて参加表明をお願いします。
————————————————————————————————————————————
お名前:
ご所属:
懇親会:参加・不参加
e-mailアドレス:
「健康産業」「観光」「地域づくり」に関して、既に取り組まれている内容や、ご関心時などがあれば教えてください:
————————————————————————————————————————————

【運営者のご紹介】
◯くしろ健康産業推進協議会
 平成27年度 釧路青年会議所 未来のくしろ創造委員会が「環境で輝く地域くしろ」というビジョンを掲げ、くしろ地域の環境と地域資源を有効に活用し、地域住民が誇りを持って暮らせるまちを目指して、医・食・住を強みとして戦略を推進してきました。本年度は、この活動をより具体的に活動を推し進めていくために、医療・介護機関と民間のサービス事業者との連携を促進し、新しい健康産業の創出を目的とする「くしろ健康産業推進協議会」の設立に向けて、「くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催することによって、釧路の地域特性を活かした健康産業を創出・育成することを目指します。
 本協議会は、事務局を平成28年度 釧路青年会議所 地域再興委員会が担当し、民間主体による自発的な活動基盤により、平成28年中の正式な発足を目指して活動しております。民間企業、金融機関、行政機関など幅広い関係者の参画を得て、釧路における健康産業創出のプラットフォーム構築に向けて取り組んでいます。

【講師のご紹介】
◯宮村貞量(みやむら さだかず)氏
慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 2年生
1990年生まれ。学習院高等科高等学校出身。早稲田大学文化構想学部においてはイメージ哲学を専攻。在学中、祖父の神社及び周辺地域の過疎化に危機感を抱く。神社、地域の新しい在り方をデザインすべく慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科に入学。現在、幅広い分野におけるイノベーション創出の方法論について研究中。

活動報告:第3回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 7月3日(日)「第3回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催し、約30名にご参加いただき無事に終えることができました。アンケートでは参加者の100%の方に「満足」「また参加したい」との回答をいただきました。ご参加いただいたみなさま、ご協力をいただいたみなさま、誠にありがとうございます。残念ながら今回参加できなかった方はぜひ次回の第4回を8月28日(日)に開催しますのでご参加いただきたいと思います。

第3回で使用したスライド資料 → 釧路3rdWS_20160702

第3回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会についてついてはこちら

今後の予定についてはこちら

活動のご報告ということで写真で1日を振り返ってみたいと思います。
このように多くの方にご参加いただきました!ありがとうございます。
IMG_1566

講師の宮村さん。
IMG_1562

今回も釧路のおもしろい活動を紹介していただいています。
まずはアミーゴ946というフリーペーパーを発行している久保下さん。
IMG_1568

次は「ひと」めぐりツアーを企画している「クスろ」の名塚さん。
IMG_1571

次はトレスタの田中さん。
IMG_1575

最後に釧路湿原MTBクラブの佐藤さん。
IMG_1577

最初のワークショップは活動紹介を聴いて感想や気づきの共有。
IMG_1578

その中からおもしろそうなアイデアをピックアップしてシナリオグラフをつくる。
IMG_1579

模造紙を行ったり来たり。
IMG_1582

シナリオグラフからCVCAを考える。
IMG_1587

CVCAからビジネスモデルキャンパスへ。む、難しい…!
IMG_1592

最後の発表用に整理。
IMG_1594

だいぶまとまってきました!
IMG_1597

第2班の発表。
IMG_1596

第4班の発表。
IMG_1599

第3班の発表。
IMG_1600

第1班の発表。
IMG_1602

まとめ。
IMG_1603

今回もドラが大活躍でした。斉藤さんいつもありがとうございます。
写真 2016-07-03 14 00 06

シナリオグラフ、CVCA、ビジネスモデルキャンパスの3つの考え方を学びながら実践することができました。
難しい内容でしたがとても勉強になりました。
講師の宮村さん、ご参加いただいたみなさま、ご協力いただいたみなさま、誠にありがとうございます。

活動報告:第2回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 6月5日(日)「第2回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催し、約40名ご参加いただき無事に終えることができました。参加者の100%の方に満足93.1%の方にまた参加したいとの回答をいただきました。ご参加いただいたみなさま、ご協力をいただいたみなさま、誠にありがとうございます。残念ながら今回参加できなかった方はぜひ次回の第3回を7月3日(日)に開催しますのでご参加いただきたいと思います。

第2回で使用したスライド資料 → 釧路第二回WS公開用

第2回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会についてついてはこちら

今後の予定についてはこちら

活動のご報告ということで写真で1日を振り返ってみたいと思います。
このように多くの方にご参加いただきました!ありがとうございます。
第2回ブログ写真2

今回も冒頭に釧路でおもしろい活動をしているグループの紹介をライトニングトーク形式で。
トップバッターはいろいろな活動をされている赤間さん。
第2回ブログ写真1

次はうつくしろの相座さん。
第2回ブログ写真3

キクイモを推進している目黒さん。
第2回ブログ写真4

最後は東京からお越しいただいた四宮さん。
第2回ブログ写真5

本日講師の宮村さん。慶応義塾大学大学院の2年生です。
第2回ブログ写真6

宮村さん、おかしな動きしていますが、ブレストで大事な「いいね」の練習中です。
第2回ブログ写真7

ワークが始まるとあちこちで笑いが絶えない楽しい時間となりました。
第2回ブログ写真8

第2回ブログ写真9

チーム名が「略してねりゴマ」!
第2回ブログ写真10

真剣な議論も!
第2回ブログ写真11

第2回ブログ写真12

ブレーンストーミングに続いて親和図法に取り掛かります。
第2回ブログ写真13

各チームからの発表
第2回ブログ写真14

第2回ブログ写真15

第2回ブログ写真16

第2回ブログ写真17

強制発想法へ突入!
第2回ブログ写真19

最後のプロトタイピングは各自でストーリーテリング
第2回ブログ写真25

第2回ブログ写真20

第2回ブログ写真21

出来上がった方から張り出し
第2回ブログ写真22

第2回ブログ写真23

第2回ブログ写真24

全部でこんな感じ。
第2回ブログ写真26

第1回に引き続きみなさま長時間にわたりお疲れ様でした!前回同様に心地よい疲労感と充実感が残る、知的な刺激に満ちた時間となりました。ファシリテーターを務めていただいた宮村さん、本当にありがとうございました。

第3回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 くしろ健康産業推進協議会では、くしろ地域において地域イノベーションを引き起こし、新しい健康ビジネスを創出するのためのワークショップシリーズを開催しています。

 第1回・第2回は、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて特別招聘教授をされている保井先生や慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科に在学している宮村さんをお招きして、創発とアイデア形成のフレームを用い、地域課題を解決する健康産業の創出についてワークショップを行いました。

第1回の詳細はこちら
第2回の詳細はこちら

 第3回のワークショップにおいては、これまでに得られたアイデアを俯瞰的かつ詳細に検討することで、より具体的で実現性のあるアイデアに落とし込むことを目指して、第1回・第2回よりもさらに多くの多様なみなさまにご参加をいただいて、健康産業に関する新規事業に関心がある様々な領域の事業者の方々と共に、「くしろ地域の魅力を活かして課題を解決し、異業種との恊働から生まれる健康産業」の創出実現に向かいます。

 第3回のワークショップの内容は、少し前に話題になったこの本「ビジネスモデル・ジェネレーション」の内容に準じたプログラムになっています。本を読まれた方も多いと思いますが、ワークショップを通して実践しながら学べる貴重な機会となっています。

BusinessModelGeneration
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

 本取り組みは、未来の健康産業を生み出すことを目的に、「観光」、「地域づくり」、といった分野と健康産業分野の融合に取り組むものです。健康産業領域に限らず、新しい観光、新しい地域づくりの取り組み創出に関心のある方々のご参加も心から歓迎します。
多くの皆様との創造的な時間になることを楽しみにしています。

主催:くしろ健康産業推進協議会
   事務局 一般社団法人 釧路青年会議所 地域再興委員会
後援:釧路市 こども保健部 健康推進課
   釧路総合振興局 産業振興部 商工労働観光課
   一般社団法人 北海道中小企業家同友会くしろ支部
   釧路信用組合

本事業は釧路市の平成28年度輝くまちづくり交付金採択事業です。

日 時:7月3日(日)13:00〜17:00(開場12:30)
場 所:釧路公立大学1階 第1会議室
定 員:40名
参加費:無料

タイムスケジュール
 12:30 開場
 13:00 開会のご挨拶
 13:05 参加グループの活動紹介(5分間のLT形式)
   ・名塚ちひろさん クスろ人に会いに行こう!1泊2日の「ひと」めぐりTOUR vol.2について
   ・田中雄也さん スキルチャレンジについて
   ・久保下智之さん amigo946について
   ・佐藤貴行さん 釧路湿原MTBクラブについて
 13:30 ワークショップ
 17:00 終了

 18:00頃から懇親会を開催予定でおります。

申込み:下記の内容を記載の上、health@innovation-kushiro.net(くしろ健康産業推進協議会事務局)までお送り下さい。
もしくはFacebookイベントページにて参加表明をお願いします。
————————————————————————————————————————————
お名前:
ご所属:
e-mailアドレス:
「健康産業」「観光」「地域づくり」に関して、既に取り組まれている内容や、ご関心時などがあれば教えてください:
————————————————————————————————————————————

【運営者のご紹介】
◯くしろ健康産業推進協議会
 平成27年度 釧路青年会議所 未来のくしろ創造委員会が「環境で輝く地域くしろ」というビジョンを掲げ、くしろ地域の環境と地域資源を有効に活用し、地域住民が誇りを持って暮らせるまちを目指して、医・食・住を強みとして戦略を推進してきました。本年度は、この活動をより具体的に活動を推し進めていくために、医療・介護機関と民間のサービス事業者との連携を促進し、新しい健康産業の創出を目的とする「くしろ健康産業推進協議会」の設立に向けて、「くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催することによって、釧路の地域特性を活かした健康産業を創出・育成することを目指します。
 本協議会は、事務局を平成28年度 釧路青年会議所 地域再興委員会が担当し、民間主体による自発的な活動基盤により、平成28年中の正式な発足を目指して活動しております。民間企業、金融機関、行政機関など幅広い関係者の参画を得て、釧路における健康産業創出のプラットフォーム構築に向けて取り組んでいます。

【講師のご紹介】
◯宮村貞量(みやむら さだかず)氏
慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 2年生
1990年生まれ。学習院高等科高等学校出身。早稲田大学文化構想学部においてはイメージ哲学を専攻。在学中、祖父の神社及び周辺地域の過疎化に危機感を抱く。神社、地域の新しい在り方をデザインすべく慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科に入学。現在、幅広い分野におけるイノベーション創出の方法論について研究中。

第2回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 くしろ健康産業推進協議会では、くしろ地域において地域イノベーションを引き起こし、新しい健康ビジネスを創出するのためのワークショップシリーズを開催しています。

 第1回は、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて特別招聘教授をされている保井先生をお招きして、創発とアイデア形成のフレームを用い、地域課題を解決する健康産業の創出についてワークショップを行いました。

第1回の詳細はこちら

 第2回は、第1回と同様に保井先生の創発とアイデア形成のフレームを用い、第1回よりもさらに多くの多様なみなさまにご参加をいただいて、健康産業に関する新規事業に関心がある様々な領域の事業者の方々と共に、「くしろ地域の魅力を活かして課題を解決し、異業種との恊働から生まれる健康産業」について、具体的な100のアイデアを生み出すことを目指します。

 本取り組みは、未来の健康産業を生み出すことを目的に、「観光」、「地域づくり」、といった分野と健康産業分野の融合に取り組むものです。健康産業領域に限らず、新しい観光、新しい地域づくりの取り組み創出に関心のある方々のご参加も心から歓迎します。
多くの皆様との創造的な時間になることを楽しみにしています。

主催:くしろ健康産業推進協議会
   事務局 一般社団法人 釧路青年会議所 地域再興委員会
後援:釧路市 こども保健部 健康推進課
   釧路総合振興局 産業振興部 商工労働観光課
   一般社団法人 北海道中小企業家同友会くしろ支部
   釧路信用組合

日 時:6月5日(日)13:00〜17:00(開場12:30)
場 所:釧路公立大学1階 第1会議室
定 員:70名
参加費:無料

タイムスケジュール
 12:30 開場
 13:00 開会のご挨拶
 13:05 参加グループの活動紹介(5分間のLT形式)
        ・赤間有美子さん
        ・相座聖美さん
        ・目黒吉朗さん
        ・四宮琴絵さん
 13:30 ワークショップ
 17:00 終了

申込み:下記の内容を記載の上、health@innovation-kushiro.net(くしろ健康産業推進協議会事務局)までお送り下さい。
もしくはFacebookイベントページにて参加表明をお願いします。
————————————————————————————————————————————
お名前:
ご所属:
e-mailアドレス:
「健康産業」「観光」「地域づくり」に関して、既に取り組まれている内容や、ご関心時などがあれば教えてください:
————————————————————————————————————————————

【運営者のご紹介】
◯くしろ健康産業推進協議会
 平成27年度 釧路青年会議所 未来のくしろ創造委員会が「環境で輝く地域くしろ」というビジョンを掲げ、くしろ地域の環境と地域資源を有効に活用し、地域住民が誇りを持って暮らせるまちを目指して、医・食・住を強みとして戦略を推進してきました。本年度は、この活動をより具体的に活動を推し進めていくために、医療・介護機関と民間のサービス事業者との連携を促進し、新しい健康産業の創出を目的とする「くしろ健康産業推進協議会」の設立に向けて、「くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催することによって、釧路の地域特性を活かした健康産業を創出・育成することを目指します。
 本協議会は、事務局を平成28年度 釧路青年会議所 地域再興委員会が担当し、民間主体による自発的な活動基盤により、平成28年中の正式な発足を目指して活動しております。民間企業、金融機関、行政機関など幅広い関係者の参画を得て、釧路における健康産業創出のプラットフォーム構築に向けて取り組んでいます。

◯宮村貞量(みやむら さだかず)氏
慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 2年生
1990年生まれ。学習院高等科高等学校出身。早稲田大学文化構想学部においてはイメージ哲学を専攻。在学中、祖父の神社及び周辺地域の過疎化に危機感を抱く。神社、地域の新しい在り方をデザインすべく慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科に入学。現在、幅広い分野におけるイノベーション創出の方法論について研究中。

活動報告:第1回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 4月24日(日)「第1回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催し、約50名もの多くの方にご参加いただき無事に終えることができました。参加者の96.9%の方に満足90.6%の方にまた参加したいとの回答をいただきました。ご参加いただいたみなさま、ご協力をいただいたみなさま、誠にありがとうございます。残念ながら今回参加できなかった方はぜひ次回の第2回を6月5日(日)に開催する予定でおりますのでご参加いただきたいと思います。GW明けには詳細を確定させて告知をさせていただきます。

第1回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会についてついてはこちら

今後の予定についてはこちら

活動のご報告ということで写真で1日を振り返ってみたいと思います。

準備が整いました!
0424_001

ダイアログスペースはこちら。
0424_002

ぞくぞくといらっしゃっております。
0424_003

本日の講師を務めていただく保井先生とアシスタントの宮村さん。そして蝦名市長とのスリーショット。蝦名市長、お忙しいところお越しいただきありがとうございました。
0424_004

準備していた席が埋まってしまいそうです。
0424_005

冒頭に釧路でおもしろい活動をしているグループの紹介をライトニングトーク形式で。
まずは「クスろ」さん。

0424_006

「U-16プログラミングコンテスト」実行委員会。
0424_007

SCANと財政白書作成の活動について。
0424_008

くしろ リ・デザインプロジェクトのビジネスプランコンペで最優秀賞のチーム。
0424_009

シーカヤックで行く知床遠征隊!!!
0424_011

釧路にはおもしろい活動をされている方がたくさんいますね!

LTといえばドラ!斉藤さんにお借りしました。
0424_010

約50人のダイアログ。圧巻です!
0424_012
0424_013
0424_014
0424_015
0424_016
0424_17

さあ、いよいよワークショップに突入!
0424_018
0424_019
0424_0200424_021
0424_22
0424_023
0424_024
0424_025
0424_026
0424_027
0424_028
0424_029

ワークショップの最後にストーリーテリングを発表!
0424_30
0424_031
0424_032
0424_033

ここでもドラが大活躍!
0424_034

最後のダイアログへ。
0424_035
0424_036

みなさま長時間にわたりお疲れ様でした!心地よい疲労感と充実感が残る、知的な刺激に満ちた時間となりました。ファシリテーターを務めていただいた保井先生、宮村さん、本当にありがとうございました。

保井先生、宮村さんと事務局メンバーで最後にパチリ。
0424_037

(一社) 釧路青年会議所 4月例会のご案内

2016年度 一般社団法人 釧路青年会議所 4月例会のご案内
「稼ぐまちづくりのために〜釧路ができる次の一手〜」

 (一社)釧路青年会議所は明るい豊かな社会の創造を目標に活動・運動しております。昨年度は、人口減少社会を迎える中においても、くしろ地域のポテンシャルを生かし、希望ある「未来のくしろ」へと繋がるビジョン・戦略を提示しました。本年度、地域再興委員会では、昨年度の活動をさらに磨き上げ、実現に向けて第一歩を踏み出すべく活動しております。
 本例会では、日本の成長戦略として推し進められている「新しい健康産業の創出」について地域住民の皆様と現状の課題及び今後の可能性を共有すると共に、「釧路公立大学 地域経済研究センター長 佐野修久氏」「社会医療法人孝仁会 経営企画部長 山田勝雄氏」「株式会社北海道二十一世紀総合研究所 河原岳郎氏」をお招きしてパネルディスカッションを行います。くしろ地域が進むべき方向性について、皆様と共に考え、未来を見据えて地域が一体となり一歩を踏み出そうという意識を高めることを目的として開催致します。
時節柄、大変お忙しい事とは存じますが本例会へのご出席を委員会メンバー一同心よりお待ち申し上げておりますので、何卒ご出席の程よろしくお願い申し上げます。
敬具


日  時  2016年 4月18日(月) 19:00 ~ 20:30
  
場  所  道東経済センタービル5階 大会議室(一般公開・参加無料)
  
主  催  (一社)釧路青年会議所
       釧路市大町1-1-1 道東経済センタービル5F
       TEL(0154)42-1121
       FAX(0154)42-4410

4月例会チラシ

第1回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 くしろ健康産業推進協議会では、くしろ地域において地域イノベーションを引き起こし、新しい健康ビジネスを創出するのためのワークショップシリーズを開催しています。

 第1回は、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて特別招聘教授をされている保井先生をお招きして、創発とアイデア形成のフレームを用い、地域課題を解決する健康産業の創出について、健康産業に関する新規事業に関心がある様々な領域の事業者の方々と共に、「くしろ地域の魅力を活かして課題を解決し、異業種との恊働から生まれる健康産業」について、具体的なアイデアを生み出します。
 本取り組みは、未来の健康産業を生み出すことを目的に、「観光」、「地域づくり」、といった分野と健康産業分野の融合に取り組むものです。健康産業領域に限らず、新しい観光、新しい地域づくりの取り組み創出に関心のある方々のご参加も心から歓迎します。
多くの皆様との創造的な時間になることを楽しみにしています。

主催:くしろ健康産業推進協議会
   事務局 一般社団法人 釧路青年会議所 地域再興委員会
後援:一般社団法人 北海道中小企業家同友会くしろ支部

ディスカッション

日 時:4月24日(日)9:30〜17:00(開場9:00)
場 所:釧路生涯学習センターまなぼっと 多目的ホール
定 員:50名
参加費:無料

タイムスケジュール
 09:00 開場
 09:30 開会のご挨拶
 09:35 参加グループの活動紹介(5分間のLT形式)
        ・夏堀めぐみさん
        ・斉藤和芳さん
        ・下山朗さん
        ・江本優子さん
        ・森川浩一さん
 10:00 ダイアログ(1)
 11:30 昼食
 12:30 ワークショップ
 16:00 ダイアログ(2)
 17:00 終了

申込み:下記の内容を記載の上、health@innovation-kushiro.net(くしろ健康産業推進協議会事務局)までお送り下さい。
もしくはFacebookイベントページにて参加表明をお願いします。
————————————————————————————————————————————
お名前:
ご所属:
e-mailアドレス:
「健康産業」「観光」「地域づくり」に関して、既に取り組まれている内容や、ご関心時などがあれば教えてください:
————————————————————————————————————————————

【運営者のご紹介】
◯くしろ健康産業推進協議会
 平成27年度 釧路青年会議所 未来のくしろ創造委員会が「環境で輝く地域くしろ」というビジョンを掲げ、くしろ地域の環境と地域資源を有効に活用し、地域住民が誇りを持って暮らせるまちを目指して、医・食・住を強みとして戦略を推進してきました。本年度は、この活動をより具体的に活動を推し進めていくために、医療・介護機関と民間のサービス事業者との連携を促進し、新しい健康産業の創出を目的とする「くしろ健康産業推進協議会」の設立に向けて、「くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催することによって、釧路の地域特性を活かした健康産業を創出・育成することを目指します。
 本協議会は、事務局を平成28年度 釧路青年会議所 地域再興委員会が担当し、民間主体による自発的な活動基盤により、平成28年中の正式な発足を目指して活動しております。民間企業、金融機関、行政機関など幅広い関係者の参画を得て、釧路における健康産業創出のプラットフォーム構築に向けて取り組んでいます。

◯保井俊之(やすい としゆき)氏
保井先生写真(大)
慶応大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 特別招聘教授

経歴:1962年生まれ。1985年に東京大学教養学科卒業後、旧大蔵省入省。OECD勤務、在インド日本大使館勤務、金融庁参事官、財務省政策金融課長、並びに同地方課長等を歴任。2008年より慶應義塾大学大学院で教壇に立つ。国際基督教大学博士(学術)。併せて、国際基督教大学大学院で非常勤講師、さらに中央大学及び政策研究大学院大学で客員教授を務めた。2015年から九州工業大学の客員教授を兼務している。米国PMI認定Project Management Professional。

専門分野:システム思考、デザイン思考、社会システム論、地域と社会のイノベーション、地域活性化等。慶應SDMの「システム×デザイン思考」等のソーシャルイノベーションのためのワークショップで、この4年間にのべ4千人超の参加者をファシリテーションした。地域活性学会、日本創造学会、日本行政学会等の会員。

著書:
「日本」の売り方 協創力が市場を制す (角川oneテーマ) 2012年
システム×デザイン思考で世界を変える 慶應SDM「イノベーションのつくり方」 2015年
REVICによる地域の再生と活性化 2015年