第4回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会

 くしろ健康産業推進協議会では、くしろ地域において地域イノベーションを引き起こし、新しい健康ビジネスを創出するのためのワークショップシリーズを開催しています。

 第1回・第2回・第3回において慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にて特別招聘教授をされている保井先生や慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科に在学している宮村さんをお招きして、創発とアイデア形成のフレームを用い、地域課題を解決する健康産業の創出についてワークショップを行いました。

第1回の詳細はこちら
第2回の詳細はこちら
第3回の詳細はこちら

 いよいよ最終回となる第4回のワークショップにおいては、これまでに得られたアイデアを俯瞰的かつ詳細に検討することで、より具体的で実現性のあるアイデアに落とし込むことを目指して、これまでと同様に今回から初めて参加される方も含めて多くの多様なみなさまにご参加をいただいて、健康産業に関する新規事業に関心がある様々な領域の事業者の方々と共に、「くしろ地域の魅力を活かして課題を解決し、異業種との恊働から生まれる健康産業」の創出実現に向かいます。

 第4回のワークショップの内容は、第3回と同様に少し前に話題になったこの本「ビジネスモデル・ジェネレーション」の内容に準じたプログラムになっています。本を読まれた方も多いと思いますが、ワークショップを通して実践しながら学べる貴重な機会となっています。

BusinessModelGeneration
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

 本取り組みは、未来の健康産業を生み出すことを目的に、「観光」、「地域づくり」、といった分野と健康産業分野の融合に取り組むものです。健康産業領域に限らず、新しい観光、新しい地域づくりの取り組み創出に関心のある方々のご参加も心から歓迎します。
多くの皆様との創造的な時間になることを楽しみにしています。

主催:くしろ健康産業推進協議会
   事務局 一般社団法人 釧路青年会議所 地域再興委員会
後援:釧路市 こども保健部 健康推進課
   釧路総合振興局 産業振興部 商工労働観光課
   一般社団法人 北海道中小企業家同友会くしろ支部
   釧路信用組合

本事業は釧路市の平成28年度輝くまちづくり交付金採択事業です。

【第4回くしろの地域力から健康ビジネスを考える会】
日 時:8月28日(日)13:00〜17:00(開場12:30)
場 所:レストラン&コミュニティ「イオマンテ」
    〒085-0014 北海道釧路市末広町2-23
定 員:30名
参加費:無料
イオマンテ

タイムスケジュール
 12:30 開場
 13:00 開会のご挨拶
 13:05 参加グループの活動紹介(5分間のLT形式)  
 13:30 ワークショップ
 17:00 終了予定

 18:00頃から懇親会をイオマンテにて開催予定でおります。
 本場フレンチのキクイモ料理をみんなでいただきましょう!

【懇親会】
日 時:8月28日(日)18:00〜20:00
場 所:レストラン&コミュニティ「イオマンテ」
    〒085-0014 北海道釧路市末広町2-23
定 員:40名
コース:立食形式、飲み放題付き
参加費:社会人4,000円、学生:2,000円

申込み:下記の内容を記載の上、health@innovation-kushiro.net(くしろ健康産業推進協議会事務局)までお送り下さい。
もしくはFacebookイベントページにて参加表明をお願いします。
————————————————————————————————————————————
お名前:
ご所属:
懇親会:参加・不参加
e-mailアドレス:
「健康産業」「観光」「地域づくり」に関して、既に取り組まれている内容や、ご関心時などがあれば教えてください:
————————————————————————————————————————————

【運営者のご紹介】
◯くしろ健康産業推進協議会
 平成27年度 釧路青年会議所 未来のくしろ創造委員会が「環境で輝く地域くしろ」というビジョンを掲げ、くしろ地域の環境と地域資源を有効に活用し、地域住民が誇りを持って暮らせるまちを目指して、医・食・住を強みとして戦略を推進してきました。本年度は、この活動をより具体的に活動を推し進めていくために、医療・介護機関と民間のサービス事業者との連携を促進し、新しい健康産業の創出を目的とする「くしろ健康産業推進協議会」の設立に向けて、「くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催することによって、釧路の地域特性を活かした健康産業を創出・育成することを目指します。
 本協議会は、事務局を平成28年度 釧路青年会議所 地域再興委員会が担当し、民間主体による自発的な活動基盤により、平成28年中の正式な発足を目指して活動しております。民間企業、金融機関、行政機関など幅広い関係者の参画を得て、釧路における健康産業創出のプラットフォーム構築に向けて取り組んでいます。

【講師のご紹介】
◯宮村貞量(みやむら さだかず)氏
慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 2年生
1990年生まれ。学習院高等科高等学校出身。早稲田大学文化構想学部においてはイメージ哲学を専攻。在学中、祖父の神社及び周辺地域の過疎化に危機感を抱く。神社、地域の新しい在り方をデザインすべく慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科に入学。現在、幅広い分野におけるイノベーション創出の方法論について研究中。