くしろ健康産業推進協議会について

 経済産業省北海道経済産業局では、平成25年9月に「北海道ヘルスケアサービス創造研究会」を立ち上げ、「医・農商工連携」など北海道の強みを活かしたヘルスケアサービス創出の取組を推進してきました。さらに活動を加速するため、研究会を民間主体による自発的な活動基盤に改組・拡大し、平成27年4月より「北海道ヘルスケア産業振興協議会」として活動しております。

 釧路においても、平成27年度 釧路青年会議所 未来のくしろ創造委員会が「環境で輝く地域くしろ」というビジョンを掲げ、くしろ地域の環境と地域資源を有効に活用し、地域住民が誇りを持って暮らせるまちを目指して、医・食・住を強みとして戦略を推進してきました。

 本年度は、より具体的に活動を推し進めていくために、医療・介護機関と民間のサービス事業者との連携を促進し、新しい健康産業の創出を目的とする「くしろ健康産業推進協議会」の設立に向けて、「くしろの地域力から健康ビジネスを考える会」を開催することによって、釧路の地域特性を活かした健康産業を創出・育成に向けた第一歩を踏み出します。平成28年度中に正式に協議会を設立し、行政の支援を受けやすい体制を整えることを目指します。

第3回健康事業創出までのステップ